ピースコー vs. 青年海外協力隊

去る3月21日、ピースコー vs. 青年海外協力隊のサッカーの試合が行われました。多分・・・エルサルバドルでは初の試みだったと思われます。

で、その会場というのがですね、すごいんですよ。最大で52,900人収容できる、Estaduio Cuscatlán(クスカトランスタジアム)。こんなん↓

It's the largest stadium in El Salvador where national teams play.

ここは代表チームが試合をするようなスタジアムで、収容人数は中米だけでなく、カリブの中でも一番だそうです。

ピースコーチーム男女、青年海外協力隊チーム男女、そしてJICAスタッフチーム(男)の5チームでリーグ戦のような形で試合をしました。といっても男性チームと女性チームが試合をすることはなかったですが。

Team Peace Corps - Picture by Rosellen Marohn

試合結果は、

第一試合
● ピースコー男 vs. 協力隊男 ○

第二試合
○ 協力隊男 vs. JICAスタッフ ●

第三試合
○ ピースコー女 vs. 協力隊女 ●

第四試合
● ピースコー男 vs. JICAスタッフ ○

だったと思います。協力隊男性チームは強かった。結成してまだ1年半と聞きました。ピースコーも月イチで、誰かの任地に行き、地元のサッカーチームと試合してるのですが、やはり練習とかあんまりないですし、そういう面で劣ってたんですかね。体格とか完全にアメリカ人の方がでかいのに。

その後はピースコー、協力隊ごちゃ混ぜにして、エルサルバドル西部に住むボランティアチーム vs. エルサルバドル東部に住むボランティアチームで試合をしました。こっちの結果はあまり覚えてませんが、確か西部チームが勝ったと思います。

Picture by Claudia Martinez

試合の後には、みんなピースコーの事務所に移動して交流会をしました。

交流会の様子 Picture by Claudia Martinez

こんな感じで。

我らがCD・ハイメ氏です。 Picture by Claudia Martinez

話のオチとしては、この日あんまり試合に出なかったにも関わらず、研修中から痛めてた右膝が悪化し、夜パンパンに腫れた上に熱まで出してしまい、翌日医者に診てもらったら膝に血が溜まってたそうで、注射器で血を抜き、その後もずっと首都のホテルで療養中です・・・。サッカーゲームの前日に首都に上がったので、それを含めるとかれこれもう11日も首都にいます。今はもうほとんど治って、血を抜いた後しばらく使ってたサポーターや松葉杖なしでも普通に歩けるのですが、階段や段差が若干怪しい。しかも今エルサルバドルはSemana Santaという休みに入ってしまい、学校もないので、逆に開き直って良い気晴らしと思うようにしています。

そんな感じで、ピースコーも協力隊も、似たような組織で似たようなゴールを持っているので、これからも同じ地域にいる協力隊員と協力していろいろやっていけたらなーと思っています。

Advertisements

Peace Corps and Japan Oversea Cooperation Volunteer – ピースコーと青年海外協力隊

(下に日本語の対訳が続きます)

I would like to take this opportunity to briefly explain about the Peace Corps (PC) and Japan Oversea Cooperation Volunteer (JOCV). Although I have some friends who are doing JOCV and have decent amount of knowledge on it, I will no way be able to cover everything and it does not come from someone who’s experienced JOCV. So if someone who knows JOCV better realizes some mistakes, I am more than happy to be corrected 🙂

To begin with, I’d like to make sure that..

“The contents of this post are mine personally and do not reflect any positions of the U.S. government or the Peace Corps.”

It’s a rule at the Peace Corps to put this disclaimer to any kinds of publication on the web. If I don’t comply, I can get kicked out from the Peace Corps. Especially, this post talks about a lot about the Peace Corps, I wanted to make it clear. 

 

Anyhow…

 

First of all, the Peace Corps is an American volunteer program run by the US government. It has started in 1960 and since then more than 200,000 volunteers have served in more than 130 countries in the world.

I myself also have been serving as a Peace Corps Volunteer (PCV) in El Salvador since July 2009. Check out my other blog for my Peace Corps experiences!

There are similar programs in other countries such as JOCV, Voluntary Service Overseas (VSO) UK, Korea Oversea Volunteer and German Volunteer Service but I think PC is one of the biggest among such programs.

There are a wide variety of positions in PC but things that PCVs do can fall into either of the following categories: Education, Youth and Community Development, Health, Business and Information & Communication Technology, Agriculture, Environment, HIV/AIDS and Food Security.

PCVs go to “less developed” countries throughout the world. That includes most countries in Africa, Central & South America, Eastern Europe South East Asia and Pacific Islands. Pretty much, we go everywhere.

It is a two-year commitment, and PCVs will live in a community just like everybody else in the community. That means you will live with a family or live alone but in a similar house as other people in the community. PCVs get a certain amount of money that is reasonably enough to sustain their lives at the same standard as their fellow community members.

Namely, in El Salvador for example, we get $300 a month for living expense including everything from rent, transportation, food to (sometimes) things we need for our work (papers for workshops for example). But we don’t have to worry about paying for health care at all as PC provides comprehensive full medical coverage during our 2-year services. I’ve gotten sick for three times thus far and I didn’t pay a penny. I even got hospitalized for 3 days but there is no payment. My friend had to get a surgery in Panama, and PC paid for his flight to Panama, hotel and some per dime. So your health is well taken care of during PC services. On top of that, PCVs also receive $225 readjustment allowance every month. It will accumulate for two years; therefore, PCVs will receive about $6075 when it is done. (Recently, the amount of this readjustment allowance has been increased and now we receive $275 a month.)

Speaking of sickness, it is pretty common that PCVs get sick. As I mentioned, I had to stay in hospital for 3 days to combat ameba in my stomach. I might also get malaria, dengue, chagas disease, rabies and all sorts of other bacterial infections here in El Salvador. So PCVs receive a lot of vaccines during training. This is same for JOCVs too by the way, as they live in a similar living condition.

Speaking of which, by the way, there is a intense training at the beginning of PC service. When you are invited to serve as a PCV, you will not be a PCV from the beginning. In other words, you will become a Peace Corps Trainee (PCT) first and if you are able to finish the training, you will swear in as a PCV! The way training works depends on each country. In Peace Corps El Salvador, for example, we got a two-month pre-service training (PST1) first, which mainly focuses on language training, and we were sent off to our respective sites to do community diagnostic. After a month or so, we went back to training center to get a two-week pre service training (PST2), which is targeted to learn technical skills. What you learn during the PST2 depends on what your community needs. That is why you are sent to your site without having technical training. I heard other countries do three-month PST and that’s it. We also have in-service trainings (ISTs) every once in a while.

I have been told from many people that PC looks good on your resume. I heard that volunteering experiences are highly valued in the US so your opportunities once PC is done will expand greatly.

That is pretty much it for PC…I hope I am not missing anything.

 

Now, let me talk about JOCV.

There is one misunderstanding that many people including I make. JOCV (Japanese site) is one of the programs that Japan International Cooperation Agency (JICA) does therefore it is not right to say “JICA volunteers.” JICA is Japanese equivalent of USAID. While USAID and PC are completely different organizations, JOCV and JICA has a close relationship as JOCV is one of the programs run by JICA. JICA is technically not a governmental organization; institutions like JICA are semi-governmental organizations called Independent Administrative Institutions. In such institutions, the planning functions remain within government-based ministries while operating functions are run by each organization, utilizing more efficient management methods of private sector. Their budget comes from the government but each institution has given a considerable autonomy on how to use it.

JOCV has started in 1965, 5 years after PC, and many people believe that JOCV was modeled after PC. However, according to the JOCV website, the idea of sending young people abroad for international development was already planned before 1960. Whether it was modeled after PC or not, JOCV works just like PC.

JOCVs go to developing countries around the world but I think their positions are more diverse. While you can do PC right after graduating from college, because PCV positions are general, positions at JOCV are more specific and therefore a lot of them require some type of license and experiences. Some of the positions unique to JOCV include ceramics instructor, auto mechanics, sport instructor, judo instructor etc. That is not to say, however, that you cannot do JOCV right after graduating from college. I have met someone who just graduated from college and is currently doing JOCV. But these positions are more competitive.

It is also a two-year commitment, and JOCVs also live in a community with families. A slight difference though is that while PCVs are allowed to live alone, all JOCVs are basically required to live with host families.

In El Salvador, JOCVs get $450 for their living expense in addition to rent paid by the organization, and their readjustment allowance is about $900. It is much more than what PCVs get; however, I have heard from various sources that JOCV is not as valued as PC. One of the possible reasons is that Japanese companies prefer to recruit fresh graduates because each company has its own training program. Therefore, it is important that new employees do not have any experiences. This might seem weird but new graduates are highly valued in Japan, and frequent job change is not valued (although the situation is gradually changing). Thus, many companies would not want to hire someone who’s gone abroad to get two years of “additional (and maybe unnecessary to them)” experiences. This is one of the biggest disadvantages of JOCV. So both PC and JOCV have good and bad points.

JOCVs receive a 2-month-pre-departure training in Japan. I am not familiar with the contents of this training but the main focus is language. Then JOCVs are sent to each country and receive another one-month training.

This is pretty much everything that I know about JOCV. Hope everything is correct information.

 

(Japanese text follows)

 

久しぶりのポストとなってしまいました。いろいろやってたのですが、自分の弱い心に負けてしばらくOutputをせずにいました。ただピースコーでやってる活動はもうひとつのブログに書いてますので、興味のある方は参考にしてみてください。英語ですが。

さて、今日はアメリカ平和部隊(ピースコー)と、青年海外協力隊について書きたいと思います。あんまり読む人少ないかもとも思ったのですが、日本人(実際はアメリカ国籍も持ってますが、アイデンティティは完全に日本人なので)が内部からピースコーを見る機会はあんまりないと思うので、自分しか書けない記事になるかなと思って、書くことにしました。

ピースコーは、1960年にケネディの大統領令により作られました。それ以来20万人以上のアメリカ人がボランティアとして、133カ国以上で働いてきました。他の国にも、政府またはそれに準じた組織が運営する同じような組織は多いです。日本の青年海外協力隊を始め、イギリスにはVoluntary Service Overseas (VSO), 韓国にもKorean Volunteer Overseaという組織があり、ドイツにも似た組織があります。おそらくピースコーはその中でもかなり大きい方だと思います。ちなみにピースコーについて他にも書いたことがあるので、こちらも参考に。

自分自身、昨年の7月からエルサルバドルに来て、活動をしています。

ピースコーのボランティア(以下PCV)やることは大体以下のカテゴリーに分類できるかと思います。教育、青少年育成、公衆衛生、ビジネス・IT関連、農業技術、環境、HIV/AIDS対策、そして食料安全保障。そして、PCVが行くのはいわゆる発展途上国と呼ばれる国です。アフリカを始め、中南米、東ヨーロッパ、東南アジア、そして太平洋諸島などなど、本当に世界中の国に派遣されます。

期間は2年間で、PCVはその国の(大抵は)田舎の村に、その村の人と同じような環境で暮らします。ちなみにPCVは自分の任地に赴任してから、最初の数カ月はホストファミリーと住むことが義務付けられていますが、その後は一人暮らしをすることも可能です。これはJOCVと違うところで、JOCVは基本ホストファミリーと住まなければならないことになっているようです。

同じような環境というと、まぁ例を上げれば、ピースコーエルサルバドルでは、毎月300ドルが生活費として支給されます。このお金で、家賃、食費、光熱費、通信費などをカバーします。基本的に物価は先進国よりかなり低いので、300ドルで一応やっていけます。が、かなり厳しくなる月も多いのも事実。この額を値上げしてくれることを切に望んでいます(涙)。ただピースコーの良いところは、福利厚生がしっかりしているところです。こちらに赴任してから何度か病気になったり、入院も経験しましたが、これらの費用は全部ピースコーがカバーしてくれます。薬代もでます。というか薬はタダで貰えます(実際はピースコーが代金を支払っているわけですが)。僕の友人はパナマで手術を受けたわけですが、飛行機代から手術代、生活費まで全部ピースコーが出してくれたそうです。なので、健康面に関しては、かなり安心できます。それにプラスで、Readjustment Allowanceといって、帰国後の準備金のようなものが毎月225ドル(最近275ドルに増えました)もらえます。27ヶ月なので、6075ドル(増加後だと7425ドル)全部終わったらもらえます。

病気といえば、はやり異国の地で生活するので、病気になるのは日常茶飯事です。上にも書きましたが、自分はアメーバ赤痢になったり、野良犬に噛まれて狂犬病の注射打ったりと、様々な病気になりました。あと可能性があるのは、マレリア、デング熱、シャーガス病や、その他の細菌性の感染症です。なので、ピースコーでは本当に多くの予防接種をします。研修期間中は毎週なんらかの予防接種を打たれました。これらは多分青年海外協力隊も同じと思います。

研修について。ピースコーの選考に合格してから、国内での研修はありません。出発前日にホテルに集まって顔合わせをするぐらい。逆に、赴任国に着いてからすぐ、2ヶ月の研修第1弾が始まります(Pre-Service Training 1=PST1)。ちなみにこの研修期間中は、正式なボランティアではなく、研修生(Peace Corps Trainee = PCT)と呼ばれます。この2ヶ月の研修をやり終えて晴れて、ボランティアとして宣誓就任式を迎えるわけです。この研修では主に言語の習得に励みます。このPST1が終わると、それぞれの任地に派遣されます。ちなみに任地は自分では選べません。上司と何回かのインタビューと通して、ピースコーがどこに派遣されるかを決めます。任地での最初に2ヶ月は、その任地での問題識別に費やされます。その後研修第2弾があり、ここでもっと専門的な知識などを学ぶことになります。これは2週間。さらに赴任中の2年間の間に、In-Service Training(IST)という研修が何回かあるようです。

最後に、ピースコーについてのアメリカ国内での評価ですが、いくつかのソースから、企業はピースコーをやったことを評価する、ということを聞きました。なので、無事に2年終わらせることができれば、帰国後の可能性は広がるのではないでしょうか。

 

さて、続いて日本の青年海外協力隊について。

エルサルバドルでのJICAのプレゼンスはかなり大きなもので、バスに乗ってると、田舎の村の入口に看板が置いてあって、この村の学校はJICAによって建てられました、みたいなメッセージが書いてあったりします。その他、日本出身だみたいなことを言うと、ああJICAですね?、とすぐでてくるぐらい、日本の国際協力はエルサルバドルで有名のようです。現在エルサルバドルにいる青年海外協力隊員は50人前後のようです。JICAが有名なため、協力隊員はよくVoluntario de JICAと呼ばれます。それは間違いではないのですが、厳密に言うと、青年海外協力隊はJICAのプログラムの一つなので、ここでは協力隊員と呼ぶことにさせていただきます。

青年海外協力隊は1965年、ピースコーが始まってから5年後に始まりました。多くの人が、協力隊はピースコーをモデルに作られたと信じているみたいですが、協力隊のウェブサイトによると、青年を海外に送って国際協力のために働いてもらうという案はピースコーが始まる前から議論されていたようです。ともあれ、青年海外協力隊とピースコーは非常に似ています。

青年海外協力隊員もいわゆる発展途上国に送られ仕事をするわけですが、仕事内容がピースコーより細かく分かれてるという印象を受けます。ピースコーというのは、大学卒業したての新卒の人が結構多かったりするのですが、協力隊は資格や職務経験が必要となる職種も多いです。空手の指導員、自動車整備士、看護師、助産師などがそういった経験や資格を必要とする職種になります。逆に村落開発普及員やAIDS/HIV指導員と呼ばれる職種もあり、これらは新卒でも資格がなくてもできることがあります。その分競争率が高いみたいです。

青年海外協力隊も2年間の契約となり、ピースコーのボランティアと同じように、その国のある村の村民と基本的に同じ生活水準で暮らす事になります。若干の違いは、ピースコーのボランティアは一人暮らしができるのに対して、協力隊員は基本的にホストファミリーと暮らさなければいけないと聞きました。(追記:これは治安のあまり良くない国に限ったことで、他の国では一人暮らししている協力隊員も多いと聞きました。)

生活費、帰国後の準備金は協力隊のほうが良いです。それぞれ月450ドルと900ドル。ただよく聞くのは、協力隊をやってあとの再就職が意外と難しいということです。やはり日本の企業は新卒偏重主義というか、とにかく新卒を好む傾向がありますし、海外で2年間働いてきたというか遊んできた、と捉えることが多いと聞きます。

青年海外協力隊の研修は、出発前に日本国内で2ヶ月、赴任する国についてから国内で1ヶ月あるようです。基本的に言語を強化するのが目的のようです。

 

というわけで、Peace Corpsと青年海外協力隊について大まかなことを書いてみました。