B’zが6年ぶりのソロ活動

自分は日本、そしてアメリカにいるときも(かろうじて)、自他共に認めるB’zファンだったのですが、ここ数年はすっかり熱が醒め気味です。といっても、やはりB’zの動きは気になるところで、ニュース読んでたら6年ぶりにソロ活動するそうです。毎日新聞より。

ロックデュオ「B’z」のボーカリスト稲葉浩志さん(45)とギターの松本孝弘さん(49)がそれぞれソロ活動を行うことを29日、所属事務所が明らかにした。稲葉さんは6年ぶりのソロ活動で、29日から放送される報道番組「NEWS23 クロス」(TBS系)のエンディング曲「この手をとって走り出して」を書き下ろした。04年以来2度目となるソロツアーも展開する予定。

松本さんはジャズ・フュージョン界の名ギタリスト、作曲家として米の最高峰音楽賞「グラミー賞」を3度受賞したラリー・カールトンさんと共演し、「Larry Carlton&Tak Matsumoto」名義でアルバムを発売する。カールトンさんとは互いに「ギブソン」のギターを愛用していることをきっかけに、カールトンさん側から、共演依頼があり、松本さんがこれを快諾。09年からレコーディングを進めていた。6月には世界ツアーを予定しており、日本公演も行われる。「B’z」としての活動は継続する。【西村綾乃】

http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20100329mog00m200004000c.html

毎年B’zのライブツアーがある度に、行きたい衝動に駆られてたんですが、今年も年初めにライブツアーがあり、それが終わって残りはソロ活動に当てられるみたいですね。

2002年ぐらいにB’zが北米ツアーやって、自分が留学始めたのが2004年からで、毎年北米ツアーはまだかと待ってたのですが、結局ありませんでした。残念。

個人的な意見ですが、B’zはライブに行ってこそ、そのすごさがわかる音楽を作ってると思います。2時間に渡って全力でステージを走り回りながら歌う稲葉氏はもう40代半ばだと思います。これだけの体力を維持するためには、日常的にかなり厳しいトレーニングに取り組む必要があるわけです。相当なプロフェッショナリズムを持った人だと思います。

ちょっとまとまりのない日記になりましたが、最後にB’zのライブ映像をどうぞ!

Advertisements