日本での通信事情②

一年半以上前となってしまいましたが、以前のポストで日本での通信事情と題してハナセルを紹介しましたが、今回はWiFiレンタルについて書こうと思います。

ハナセルは非常に便利なのですが、やっぱり今の御時世、乗換案内とかGoogle Mapとか必要ですし、街中のWiFiもまだまだ無料で使えるところは少ないですし、自力でインターネットがないと快適な生活が送りにくいのが現状かと思います。

一回b-mobileの、海外からの旅行者向けSIMカードを使ってみました。これはSIMロックフリーのスマホを持っていれば簡単に使えますし、空港での受け取りも可能なので、非常に便利なサービスです。しかしAPNの設定などが若干面倒臭く、しかも1GBまでもしくは14日間のみという制約があり、また価格も4000円近くするということで、あまりコスパが良いとは言えないなーというのが正直な感想でした。しかし帰りの飛行機搭乗直前まで使えるのはプラスだと思います。この他にもプリペイドの通信SIMはいろいろでています。

その次に試したのが、ポケットWiFiのレンタルサービス。

Continue reading

日本での通信事情

Photo 20-07-13 0 27 43今日は日本に短期滞在する際の通信事情について書きます。

私は年に1-2回日本に一時帰国しますが,大抵の場合滞在は1ヶ月未満の短期滞在となります。とはいえ,連絡や乗換案内などを使うため,スマホがないと非常に不便です。これまで通常の携帯を契約したり,プリペイドを使ったりしてましたが,手続きが非常に面倒でした。日本の携帯を契約したままにしておくのが一番便利なのですが,いつ本格的に帰国するか分からないし,少額とはいえ毎月お金を払い続けるのも嫌だったので,帰国する度になにか良い手立てはないかと考えていました。

そこで見つけたのが・・・

Continue reading

VerizonのiPhone5はデフォルトでUnlocked

 

連日iPhoneネタですみません。もともと前回のポストの追記として書いたのですが、ちょっと長くなりすぎたので新しいポストにしました。

ちょっとググってみたところ、VerizonのiPhone5ですが、箱から出した時点ですでにGSMストットはUnlockされていたというニュースを発見しました。

So an on-contract Verizon iPhone 5 is sold unlocked, and, providing you have an AT&T nano-SIM or cut micro-SIM on hand, you can switch out Verizon’s SIM for a GSM carrier. That’s pretty cool.

この人によると、VerizonのOn-contractで買ったiPhoneにAT&TのマイクロSIMカードを削ったものを挿したら使えたとのことです。HSPA+に対応してるので画面ではAT&T 4Gとでてますが、LTEは使えないとのこと。また今後契約する人に対しても同様の措置が取られるかは現時点ではわかりませんとのことです。

nano SIMカードの問題は残るわけですが(nano SIMはマイクロSIMより薄いため、単に小さく切るだけでなく厚さも調整が必要)、今後各国の携帯電話会社がnano-SIMカードをプリペイドベースで出してくると、既にVerizonでiPhone5買った人はその恩恵に預かれそうですね。もしこの先契約する人に対しても同様にGSMスロットがUnlockedのiPhone5を買えるのであれば、自分が今アメリカ在住だったら間違いなくVerizonで契約すると思います。

iPhone5について(文中・最後に追記あり)

どうもお久しぶりです。実はもうすぐ一時帰国で1年4ヶ月ぶりに日本に帰ります。アメリカにも行こうと思ってます。楽しみだ。

さて、アップルがiPhone5を発売してから、またAT&TとかUnlockなどの検索の末にこのブログに辿り着く方が多いようで、またコメント欄にも質問をいただいたので、一回アメリカのiPhone5と日本での使用可能性について書こうと思います。このポストは以下のような疑問がある人向けになります。

  • 現在アメリカに住んでいるが、今後2年以内に日本への帰国が決まっており、アメリカで購入したiPhone5が帰国後日本で使えるのか知りたい。
  • 今日本にいるが、今後アメリカ(もしくはその他海外)に行く可能性があり、日本で買ったiPhone5がアメリカ(海外)でも使えるのか知りたい。

※なお本稿では、特に断りがない限りUnlocked=SIMフリー=SIMロックフリーの意味になります。

Continue reading

「官邸国際広報室 中川」を名乗るメールに要注意

今日「官邸国際広報室」の「中川」さんを名乗るアドレスからメールがきました。自分はGmailのPriority Inbox昨日を使ってるのですが、このメールはImportantに分類されてました。結論から言うと、このブログ記事が説明しているとおり、このメールはGmailユーザーをターゲットにした、メールアドレスとパスワードを盗もうとするフィッシング詐欺です。

ちなみに、上の画像(クリックで拡大)からも見れますが、このメールの内容は以下のような感じ。

from:      官邸国際広報室 中川 shintaronakagawa9 @ hotmail.co.jp
sender-time:  Sent at 9:46 AM (GMT+09:00). Current time there: 4:55 AM. ✆
to:       abcxyz @ gmail.com
date:      Mon, May 21, 2012 at 9:46 AM
subject:     FW: 【機2】G8首脳声明
mailed-by:    hotmail.co.jp
     : Important mainly because of the words in the message.

各位

お疲れ様です。

G8首脳は,2012年5月18・19日に,主要な世界経済及び政治情勢の変化について対応するために会合した

資料をご覧ください

**************************************************
中川 真太郎 Shintaro NAKAGAWA
官邸 国際広報室
International Press Officer
Office of Global Communications
Prime Minister’s Office
千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣官邸
Tel: +81-3-3568-8823 Fax:+81-3-3581-5888
E-mail: shin.nakagawa @ kantei.go.jp
首相官邸ホームページ
 http: //www. kantei. go. jp/
**************************************************

これに「G8首脳声明.PDF」という添付ファイルがついてます。この添付ファイルに注意が必要です。

Continue reading

SIMロックフリーのiPhoneにPrepaid SIMカードを差してインターネットを使う方法(Vodacom Mozambiqueの例)

iPhone 3G

長い題名ですみません。これまた相当ニッチなポストになりそうですが、今回は晴れてUnlockできたiPhoneにPrepaidのSIMカードでインターネットの設定をする際の手順のノウハウ的なものを書き記しておきます。ちなみにこれはVodacom MozambiqueのPre-paidのSIMカードを使った際の解説であり、Post-paid契約のSIMカードや他社のSIMカードでは多少入力すう情報など違ってきます。あしからず。

まず設定ですが、これは極めて簡単です。ちなみにこの設定の手順はVodacom Mozambiqueのウェブサイトに出てます。この説明は英語とポル語で見れます。カスタマーサービスに電話するか店でスタッフにやってもらうことをお勧めしてますが、非常に簡単なので実際は自分でできます。

まず、iPhoneのSettings→General→Network(上の写真)→Cellular Data Networkと進みます。Cellular Dataのページにたどり着いたら、Cellular DataのAPN、MMSのAPN、そしてInternet TetheringのAPN全部にinternetと打ち込みます。他の部分は全部空欄で構いません。設定は以上です!極めて簡単(下の写真参照)。

これでSafariを開けてみるとインターネットにつながるはずです。しかしこの後に踏んでおかなければ痛い目をみる重要なステップがあります。

Continue reading

AT&Tから買ったiPhoneのSIMロックを解除する方法(追記あり)

(cc) Image from TechCrunch

※2012年4月23日追記あり

ナイジェリアからの手紙のポストの時にサラッと触れましたが、最近アメリカの大手通信会社AT&Tが、同社との契約を既に終了したiPhoneについてはSIMロック解除を認めるというニュースがありました。

このニュース記事にも書いてある通り、SIMロック解除の手続きを取るためには2つの条件を満たす必要があります。即ち、1)そのiPhoneは既にAT&Tの契約機として使われていない、そして、2)AT&Tのアカウントに料金未払いなどの問題がない。また、最初からフル価格を払って端末を入手した場合、さらに2年間使い続けたわけではないが途中で解約違約金(Early Termination Fee: ETF)を払った場合でも、今回のSIMロック解除の対象になります。今日自分のiPhone 4もめでたくUnlockされましたので、手順を簡単に載せておきます。と言ってもAT&TのiPhone持ってて、そのSIMロック解除したい人向けの日本語記事とか相当ニッチなので、あまり書く意味もないかもしれませんが・・・苦笑。しかも解除する方法と仰々しく題名に書きましたがw,実際は電話をかけるだけなので、自分のiPhone経歴などを交え、1行で終わらないように書いていこうかと思います笑。

Continue reading