外務省委託「平成24年度 国際機関向け人材育成研修コース」

調子に乗ってもういっちょ更新します。といっても全然ジャンルの違うトピックでしかもこっちはコピペですが。

国際協力関係のメーリスで流れてきました。国際機関目指す人はこういうコースを受講しても良いと思います。というか自分が受けたいぐらいですが、こういうのは広島平和構築人材育成センター(HPC)がやってる平和構築人材育成事業(こちらも外務省委託)もしかりで、日本でしか受講できないのが痛いところ(あとちょっと高いのが玉に瑕)。しかし日本にいる方は是非受講を考えてみてはどうでしょうか。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★受講生募集のお知らせ★

【FASID】 外務省委託 「平成24年度 国際機関向け人材育成研修コース」

国際機関職員になるための採用試験対策から、国際機関の基本的な知識とスキル、
そしてキャリア形成支援に重点をおいた「国際機関職員を本気で目指す」人たち
のためのプログラムを実施します。

Continue reading

2012年

初日の出ではないですが、ロンドンの日の出。

遅ればせながら、皆様明けましておめでとうございます。2009年から始めたこのブログですが、去年の1月下旬にデザインとブログ名を変更して新たにスタートしました。これまで42本の記事を書き、去年は15本記事を書きました。今年は去年よりは多く書いていこうと、毎年決意してる様な気もしますが、今年こそそれが現実になるようにしていこうと思います。

さて、年越しはロンドンで過ごしました。1年ぶりに姉と、半年ぶりに兄と再会し、久しぶりに姉弟3人水入らずの時間を過ごせて良かったです。さらに俺はドイツとトルコにも小旅行に出かけ、非常に充実した休暇とすることができました。旅行の日記はまた後ほどアップデートできればと思っていますが、とりあえず面白かったエピソードを紹介。

Continue reading

ちょっと時間を巻き戻してます

久しぶりのポストはモザンビークからになります。

地震以来全くブログをアップデートできてなかったので、あたかもモントレーからモザンビークにワープしたかのようですが、実は5月で大学院を卒業しまして、6月11日からアフリカはモザンビークで仕事を始めました。ブログをリバイブしたくて、Mixiに載せてたエントリーを徐々にこっちに移していこうと考えています。

というわけで、まずは仕事が決まった4月下旬に書いたエントリーから。

Continue reading

Ideas Worth Spreading (#oij and TED 2011)


If you tweet often, you might have noticed my recent tweets include a hashtag (#oij), and you might wonder what that stands for. Well, oij stands for Open Ideas Japan. A well known brain scientist in Japan, Kenichiro Mogi, has started this hashtag movement on Twitter after participating in the TED Conference 2011 and being inspired from it. He’s called on Japanese Twitter users to post their ideas that could make Japan better on Twitter. Since his call, this hashtag has been one of the most hot topics among Japanese Tweeter users. There is a number of good ideas posted by many Twitter users, and I have been very inspired by these ideas. However, I also think this movement could end up being just a venue for people’s complaints. It is, therefore, up to us (Japanese Twitter users and those who tweet in Japanese) to take actions from this movement. It has shown to me that a lot of people including myself are very frustrated at selfish Japanese politicians who only care about themselves and their abuse of power, job hunting that lasts forever, and the higher educational system in Japan etc.

Speaking of the employment system in Japan, as I stated in my earlier post, it entails a number of contradiction. I can give you an example here from my experience.

Continue reading

BE yourself

I attended an SGI meeting yesterday in San Francisco, and we had a discussion session during the meeting.

We talked about the importance of being ourselves and how it is hard to do so. We have a lot of pressure to be a certain way. I’m in the midst of job hunting right now, and it requires me to really think about about myself and what I want to accomplish in my career. At the same time, I get a lot of pressure from a lot of people like my parents. Everyone except me in my family lives in Tokyo, Japan. It is therefore natural for me to think of Japan as one of the places to work and get settled. At the same time, however, most Japanese companies have this strange and rather crazy recruiting system where they hire a lot of newly graduates from college once a year and just once a year. An interesting implication of this system is that if you miss that opportunity, your chance of getting hired becomes extremely small.

This kinda digresses from my main subject today but here are some more interesting facts about job hunting in Japan.
Continue reading

「就活」は大学4年以降に 順守の企業には法人減税 国際交流基金理事長 小倉和夫氏 インタビュー領空侵犯

ボストンで日本の就活がどんな感じかを実感してから、この方の意見に全面的に賛成です。
以下日経新聞から引用。

――企業の新卒採用活動の現状に異議があると聞きました。

 「『就活』の過熱が日本の明日を担う人材をつぶしています。企業が採用活動を始める時期が早すぎるからです。大学3年生の秋から始まるなどと誰が決めたのでしょう。学生は3年生になるとそわそわし始め、夏には競って企業インターンシップに参加します。これでは落ちついて勉強などできません」

 ――就職協定で内定時期を決めるのはどうでしょう。

 「拘束力がない紳士協定に意味はありません。過去に何度も協定を作っては失敗してきました。そもそも新卒者を一括採用しようとするから、無理が生じるのです。特定の色に染まっていない若者を採用後に社内で教育するという発想は時代遅れです。社会経験を積んだ既卒者に、デキる人材がいるものです」

 ――企業は一括採用の方が手間がかからないのでは。

 「似たようなスーツを着て一斉にゾロゾロ歩き回らせる採用活動が、本当に効率的ですか。あれは儀式にすぎません。企業が学生を宣伝に利用しているのです。ネットを活用し、年間を通して採用すれば、むしろ手間は省けます」

Continue reading