このブログのスタッツ

今日は4月1日でエイプリルフールですね。日本では新年度が始まります。日本人としては自分も気持ちを新たに頑張ろうと思います。

さて、このブログはWordPressというサイトを利用してるわけですが、管理人はブログのスタッツ(統計)が見れます。何人の人がどのポストを見たか、どの国からのアクセスが多いのか、どこからこのブログにやってきたのか、どのキーワードで検索してこのブログにたどり着いたか、などなど、結構色々な統計を見ることができます。

Google Analyticsというグーグル先生のサービスもあります。自分はこのサイト向けには使ってませんが、こっちもかなり使えるので、ブログのアクセスを増やしたい人などは導入するといいと思います。

今日はこのブログのスタッツをちょっと一緒に見ましょう。

Continue reading

Ideas Worth Spreading (#oij and TED 2011)


If you tweet often, you might have noticed my recent tweets include a hashtag (#oij), and you might wonder what that stands for. Well, oij stands for Open Ideas Japan. A well known brain scientist in Japan, Kenichiro Mogi, has started this hashtag movement on Twitter after participating in the TED Conference 2011 and being inspired from it. He’s called on Japanese Twitter users to post their ideas that could make Japan better on Twitter. Since his call, this hashtag has been one of the most hot topics among Japanese Tweeter users. There is a number of good ideas posted by many Twitter users, and I have been very inspired by these ideas. However, I also think this movement could end up being just a venue for people’s complaints. It is, therefore, up to us (Japanese Twitter users and those who tweet in Japanese) to take actions from this movement. It has shown to me that a lot of people including myself are very frustrated at selfish Japanese politicians who only care about themselves and their abuse of power, job hunting that lasts forever, and the higher educational system in Japan etc.

Speaking of the employment system in Japan, as I stated in my earlier post, it entails a number of contradiction. I can give you an example here from my experience.

Continue reading

Update – 近況 (3)

This is the continuation of my previous post – Update (2).

I was again confined in San Salvador until further notice. At that point, my knee was actually doing fine. I didn’t have any problem walking around thought it hurt when I took stairs up and down. So I was somewhat doubtful about the seriousness of my knee injury. Because I was planning to take a vacation and go back to Japan in 3 weeks, I thought of postponing my surgery to later, maybe after my vacation. This idea, of course, was denied by my PCMO. I was strongly discouraged to postpone my surgery.

I was really bored, confused and lost. I questioned myself, “what the hell am I doing here” countless times. I would say it was the most difficult time since I came to El Salvador. It seems as thought it’s nice to have a month of vacation in the capital but it was not fun at all.

To my surprise, the Peace Corps headquarter in Washington DC was quick in responding. I was told that I was going to leave El Salvador on April 19th, Monday. And they decided to have my surgery in Washington DC not in Panama.

Of course, things didn’t go that smooth with the Peace Corps. I waited almost 7 months to be invited and assigned. Same thing. On the morning of April 19th, I was all packed and ready to leave. I went to the office to pick my medical record up. Then, I was told to wait for a minute. 30 minutes later, I was told that there was no space in a hotel that the Peace Corps used in DC and on top of that, the surgeon was out of office. Therefore, they postponed my trip and made me stay in San Salvador for another 3 days. I was really tired of waiting and doing nothing in San Salvador.

To be continued….

 

またまた前回からの続きになります。

というわけで、手術の詳細待ちということで、再びサンサルバドルでの軟禁生活となりました。実を言うと、その時点で膝の調子は大分回復しており、階段の登り降り以外はほとんど日常生活には支障がないという状態でした。なので、正直この膝が手術を受けなければいけないほど深刻なのか、かなり慰問があり、3週間後から休暇をとって日本に帰る予定だったので、その休暇後まで手術を延期できないか、などと考えていました。まぁもちろんPCMOは反対したので、その案は廃案となりましたが。

そんなわけで、この時期は相当暇で退屈してました。しかも自分はこんなところで何しているのか、と自問自答する日々。何のためにピースコーしに来たのか、かなり自分を見失ってました。温かいシャワーがあって、水洗トイレがあって、ワイヤレスインターネットがあって、うまいものが食べれて、そのためのお金までもらえるなんて、うらやましい、と何人かに言われましたが、実際はそんな良いものではなく(もちろん温水シャワーと水洗トイレはかなりありがたかったが)、この時点でこの生活にほとほと飽き飽きしてました。

ところがどっこい、驚いたことに、その2日後ぐらいに早くも連絡がありました。4月19日(月)にエルサルバドルを出て、ワシントンDCで手術をするということに決まったようです。ちょっといろいろ滑らかに進みすぎて、逆にちょっと不安・・・。

と思ったら、案の定、落とし穴が待ち受けてました。月曜日の朝、荷造りを終えて、すべて準備を済ませてから、自分の今までの医療記録を取りにピースコーのオフィスに行ったら、今ワシントンDCでピースコーが使ってるホテルに空室がないのと、手術をしてくれる医者が休暇でいないという理由で、出発を延期せざるを得なくなりました。マジで有り得ない~。出発の日の朝に延期なんて。結局木曜日出発ということになり、再びサンサルバドルに軟禁状態となったのです。

続く。

Update – 近況 (2)

This is the continuation of my previous post – What I’ve been up to.

It was the first time ever that I’ve done MRI. The machine looks very expensive and it was continuously making some noises. With the MRI film, I went to see the orthopedist again the next day.

His prediction was right. It became apparent that my ACL was torn as well as my meniscus was ruptured. He told me that he was sorry but I needed to get a surgery to fix this problem; and he was right. I did some research on torn ACL and found that I could choose not to have a surgery but that means I wouldn’t be able to play any sports for the rest of my life.

On careful thought, I had been having this knee problem quite a while. I fell while I was playing Frisbee with kids in August last year and I heard a pop. Since then, I felt like my knee became extremely unstable that I dislocated it for several times. I didn’t really dislocate it but I felt like it. I hoped to be able to run and jog, to do some exercise and to do some sports again so I decided to undergo a surgery.

The PCMO who saw me the other day told me that he would consult with Washington DC about surgery. I knew it was going to take a long time to communicate with DC and to decide the details of my surgery.

To be continued…

 

前回からの続きです。

人生初めてのMRIだったのですが、何事もなく無事に終わりました。MRIの機械は非常に高価そうで、けたたましい音をずっと立てていました。翌日、MRIの結果を持って再び整形外科医のもとへ。

案の定、前十字靱帯がつながってるべきところがつながっておらず、何らかの形の断裂は決定的でした。その上半月板にも損傷がみられるということでした。お医者さんは、「残念ながら、手術以外に直す方法はない」と。後でわかったのですが、手術しないという手もあるけど、手術しなかったらこれから一生激しいスポーツはできなくなるとのこと。実際去年の8月に子供たちとフリスビーして遊んでいる時に初めて膝を痛めた時以来、いろんな場面で何度も右膝を痛めました。普通にバス降りただけなのに痛くなったり、重いバックパック背負って歩いたら痛くなったりと。これからもスポーツを楽しみたいし、走りたいし、と思い、手術に踏み切ることにしました。

ピースコーのお医者さんは、ワシントンDCにあるピースコー本部と連絡をとって、手術の詳細について決めるとのこと。ピースコーも政府の組織なので、これは時間かかるだろうな~と思いつつ、首都での生活が続くのです。

続く。

What I’ve been up to – 近況 (1)

It’s been a while since I wrote last time. I just wanted to make a note for what I’ve been going through.

As I mentioned in my last post (in Japanese), I got injured while playing soccer on March 21st. Nothing really happened during the game but my right knee started hurting on that night. It was really swollen too and the pain was growing as time went by. Next morning, it was very difficult to walk so I decided to go to see doctor.

I went to see one of the PCMOs (Peace Corps Medical Officers) and I was told to have X-ray done at a local hospital. With my film, I went to see a local doctor who’s specialized in orthopedics. There was nothing wrong with my bone but apparently my knee is internally bleeding so he got rid of blood by injecting an empty syringe. It was a painful procedure but after that, my knee pain went away. He told me to take a good rest for 2 weeks.

I was staying at a hotel for about 10 days and then our Country Director (CD) kindly invited me to stay at his house. After 2 weeks, I went to see the orthopedist again and after carefully checking my knee, he told me that my anterior cruciate ligament (ACL) might be torn. In order to see if my ACL is torn, I needed to get an MRI so I went to another hospital to undergo this procedure.

To be continued…

 

前回の日記から大分日があいていましました。サッカーの試合以来何があったのか、記録に残しておこうと思います。

前回書いた通り、サッカーの試合のあと膝がMAXに痛くなり、さらにパンパンに腫れ上がって、翌日には歩けない程痛くなったので、医者に行くことにしました。

ピースコーには専属のお医者さんがいまして、まずその人に会い、地元の病院でレントゲンを撮った後、地元の整形外科に行きました。レントゲンによると、骨には異常はないとのこと。とりあえず注射器を膝にぶっ刺して血を抜きました。痛かったけど、お蔭で痛みは大分なくなる。2週間様子を見ましょうとのことで、そこから2週間首都に缶詰となりました。

2週間後、再び医者に行くと、膝の動きのチェックをされ、もしかすると前十字靱帯が断裂しているかもしれない、との診断を受けました。今度はMRIを撮ってきてと言われ、また別の病院に行き、MRIを撮りました。

続く。

ピースコー vs. 青年海外協力隊

去る3月21日、ピースコー vs. 青年海外協力隊のサッカーの試合が行われました。多分・・・エルサルバドルでは初の試みだったと思われます。

で、その会場というのがですね、すごいんですよ。最大で52,900人収容できる、Estaduio Cuscatlán(クスカトランスタジアム)。こんなん↓

It's the largest stadium in El Salvador where national teams play.

ここは代表チームが試合をするようなスタジアムで、収容人数は中米だけでなく、カリブの中でも一番だそうです。

ピースコーチーム男女、青年海外協力隊チーム男女、そしてJICAスタッフチーム(男)の5チームでリーグ戦のような形で試合をしました。といっても男性チームと女性チームが試合をすることはなかったですが。

Team Peace Corps - Picture by Rosellen Marohn

試合結果は、

第一試合
● ピースコー男 vs. 協力隊男 ○

第二試合
○ 協力隊男 vs. JICAスタッフ ●

第三試合
○ ピースコー女 vs. 協力隊女 ●

第四試合
● ピースコー男 vs. JICAスタッフ ○

だったと思います。協力隊男性チームは強かった。結成してまだ1年半と聞きました。ピースコーも月イチで、誰かの任地に行き、地元のサッカーチームと試合してるのですが、やはり練習とかあんまりないですし、そういう面で劣ってたんですかね。体格とか完全にアメリカ人の方がでかいのに。

その後はピースコー、協力隊ごちゃ混ぜにして、エルサルバドル西部に住むボランティアチーム vs. エルサルバドル東部に住むボランティアチームで試合をしました。こっちの結果はあまり覚えてませんが、確か西部チームが勝ったと思います。

Picture by Claudia Martinez

試合の後には、みんなピースコーの事務所に移動して交流会をしました。

交流会の様子 Picture by Claudia Martinez

こんな感じで。

我らがCD・ハイメ氏です。 Picture by Claudia Martinez

話のオチとしては、この日あんまり試合に出なかったにも関わらず、研修中から痛めてた右膝が悪化し、夜パンパンに腫れた上に熱まで出してしまい、翌日医者に診てもらったら膝に血が溜まってたそうで、注射器で血を抜き、その後もずっと首都のホテルで療養中です・・・。サッカーゲームの前日に首都に上がったので、それを含めるとかれこれもう11日も首都にいます。今はもうほとんど治って、血を抜いた後しばらく使ってたサポーターや松葉杖なしでも普通に歩けるのですが、階段や段差が若干怪しい。しかも今エルサルバドルはSemana Santaという休みに入ってしまい、学校もないので、逆に開き直って良い気晴らしと思うようにしています。

そんな感じで、ピースコーも協力隊も、似たような組織で似たようなゴールを持っているので、これからも同じ地域にいる協力隊員と協力していろいろやっていけたらなーと思っています。

A truly meaningful developmental project – 本当に意味のある国際協力とは

I’ve been thinking about the most appropriate way to execute project in developing countries because I’ve seen a lot of self-satisfied projects since I got here in El Salvador.

For example, in my town, there is a park built with the fund from some European organization. In this park, I can find many trashcans. However, the biggest problem of this town is trash. In other words, people just throw away trash anywhere, when there are in fact lots of trashcans. There is even trash collection service provided by the municipal government.

Why? Because this organization failed to teach local people how to use trashcans. There had to be some workshops in which the organization taught the importance of using trashcans. Also, the organization failed to collaborate with the local government to have trash collection trucks to pick up the trash.

What is left here is the sign that says “this park is built thanks to this organization.”

I could say that this project is a complete waste of time and money because I believe these types of projects are successful only when they are sustainable.

Is this project sustainable? No, because people already don’t use trashcans.

So the next question is…how can any project be sustainable? I believe the most important thing is to involve local people in projects.

In order to involve local people in your project, it is important to learn their way of thinking. You can’t just push your ideas and values. You have to learn their language, customs, traditions ets to gain their trust. Only after that, can you know their honest opinions. 

Then, they would listen to your ideas and start to cooperate. Some of them may become core members of your projects; in other words, they would continue what you are doing even after you are gone.

In my opinion, there are so many organizations that push their ideas to local people. These organizations don’t care about local people but just their own agendas.

I truly think developmental projects can’t be self-satisfaction.

It may be difficult to satisfy all the people; however, we have to try to satisfy as many people as possible.

 

(Japanese text follows)

 

本当に意味のある国際協力とは。これは自分がエルサルバドルに来てからずっと考えてることです。だって世の中にはあまりに自己満足な国際協力のプロジェクトが多いから。

例えば・・・、自分が住んでる町には、とあるヨーロッパの組織がお金を出して作られた公園があります。この公園には、これでもかというぐらい、多くのゴミ箱が設置されています。では、この町の最大の問題はなんでしょう?それはゴミ処理です。なぜかというと、この町の人々は(というかエルサルバドルの大半の人ですが)ゴミをゴミ箱に捨てません。公園でゴミ箱が5歩先にあるにも関わらず、ポイ捨てです。バスからもどんどんゴミを投げ捨てます。一回赤ちゃんの紙おむつをバスの窓から捨ててる人を見たときは、さすがに開いた口が塞がりませんでした。

話を元に戻しましょう。この町は、ゴミ収集車が月3回来てくれる、エルサルバドルの中では恵まれた町であります。にも関わらず、ゴミを近くの河に捨てる人さえいます。

なぜでしょうか?昔からの習慣というのはあると思います。聞いた話によると、昔人々が使ってたモノは基本的にポイ捨てしても自然に分解する素材でできていました。プラスチックなんてなかった時代の話です。しかし時代は変わり、今は飲み物の容器からスナック菓子の袋まで、ほとんどのモノがプラスチックでできてます。しかし、昔からの習慣を変えられない人々は、昔の習慣のまま、ゴミをポイ捨てし続けるわけです。

この習慣を変える最大のチャンスは、このヨーロッパの組織がゴミ箱付きの公園を作ったときにありました。ゴミはゴミ箱に捨てるものであり、この公園のゴミ箱を最大限に利用すべきだ、というワークショップを、公園建設後に行えばよかったからです。しかし彼らはそれを怠りました。ゴミ収集車に、公園のゴミ箱のゴミを収集するような配慮も怠りました。残ったのは「この公園は〇〇という組織のお陰でできました」という自己満足の看板だけ。

この観点で見れば、このプロジェクトは完全にお金と時間の無駄と言えましょう。なぜならこのプロジェクトは持続可能ではないからです。

公園建設(ハードもの)ということで、基本的にもともと持続可能なプロジェクトではないわけですが、持続可能にできたのにそれを怠ったと言えましょう。

では、どうやったらプロジェクトは持続可能になるのか。特にソフト系のプロジェクトでは一番大切なのは地元の人をプロジェクトに巻き込むことです。

では、どうしたら地元民にプロジェクトに参加してもらえるのか?それは、彼らの考えを学ぶところから始まります。なぜゴミをゴミ箱に捨てないのか?なぜゴミ収集車を利用しないのか?といった考えはドコから来るのか。それをせずに、「ゴミを捨てるな!」と何度叫んだところで、それは意味をなさないでしょう。自分の考えだけを相手に押し付けては相手は心を開いてはくれません。心を開いてもらうためには、彼らの言葉を学び、習慣を学び、伝統を理解しようとしなければいけません。

そうやって心を開いてくれる人が増えてくれば、自分の考えてに同調してくる人もでてくるでしょう。そういう人こそが、自分がいなくなった後も、プロジェクトを支えてくれるのです。

自分の考えとしては、多くの組織は自己満足のプロジェクトしかできてないと思います。地元の人のことは対して考えずに、自分の考えだけを押し付ける。

特に国際協力では、というか、海外で行ういかなるプロジェクトも、こういったことは大事だと思います。

全員を満足させることは難しいかもしれません。でもより多くの人を満足させることを、私たちは常に忘れてはいけません。