日本での通信事情

Photo 20-07-13 0 27 43今日は日本に短期滞在する際の通信事情について書きます。

私は年に1-2回日本に一時帰国しますが,大抵の場合滞在は1ヶ月未満の短期滞在となります。とはいえ,連絡や乗換案内などを使うため,スマホがないと非常に不便です。これまで通常の携帯を契約したり,プリペイドを使ったりしてましたが,手続きが非常に面倒でした。日本の携帯を契約したままにしておくのが一番便利なのですが,いつ本格的に帰国するか分からないし,少額とはいえ毎月お金を払い続けるのも嫌だったので,帰国する度になにか良い手立てはないかと考えていました。

そこで見つけたのが・・・

ハナセルという会社がソフトバンクの電波を利用してMVNO事業として提供しているジャパンSIMカードです。

これは月額料金なしのポストペイドサービスで,通話・SMSが中心となります(インターネットも使えないことはないですが料金が割高)。しかしメリットは,プリペイドと違って,しばらく使わない期間があっても,月額料金なしに基本的に同じ番号をキープできることです。またプリペイドのようにチャージする必要もないため,空港に着いたらすぐ携帯にSIMカードを挿して使えるのも便利なところ。払うのはまさに自分が使った分の料金だけ。それ以外は8ドルの年間維持費以外追加の料金は基本的にかかりません。そしてこの年間維持費も、今契約すると最初の5年間はこれが無料になるようです(6年目に維持費が発生するさいに,継続の有無も聞いてくれるとのこと)。通話料金,SMSの料金は格安というわけではありませんが,利便性を考えれば目をつむれるレベルだと思います。時々日本に帰る海外在住者にとっては非常に便利なサービスではないでしょうか。

一つ注意したいのは,利用するにはソフトバンク製の携帯電話か,SIMロックフリーで,3G UMTS(2100MHz)に対応している携帯電話が必要である点です。そしてiPhoneはソフトバンク製だろうがSIMロックフリーだろうが、このSIMカードと一緒には使えないようです(今回自分が持っているSIMロックフリーのiPhoneで実際に試してみましたが、案の定使えませんでした)。また,マイクロ/ナノサイズのSIMカードはハナセルから出ていないので,通常サイズのSIMカードが入る携帯電話が必要です。私は以前使っていたソフトバンク製のプリペイド携帯電話にこのSIMカードを挿して使っていましたが,その後SIMロックフリーのXperiaを購入したので,今はもっぱらこちらで使っています。また,携帯電話のメールアドレス(●●●@softbank.ne.jp)はもらえないことにも要注意です。電話じゃなくてメッセージを送りたい方はSMSでの対応となります。インターネットも基本的に使えません。ハナセルのウェブサイトには使えないと明言されないですが,設定方法(APNなど)も明示されてないので,何とか自力で設定して使っても,かなりの高額請求が待っているような気がするので,使わないのが賢明かと思います。

SIMロックフリーのスマホにハナセルのジャパンSIMカードを挿して電話として使い、インターネットはポケットWiFiで使うという手もあります。そこらへんはハナセルさんも心得ているようで、日本滞在時のポケットWiFiレンタルサービスもしっかり行なっているようです。1日980円なので、2週間ぐらいならこれでOKでしょう。1ヶ月を超える滞在なってくるとちょっとレンタル料もかさみますよね。そういう時は、日本通信が提供するb-mobileというサービスがいいかもしれません。これはドコモの通信網のMVNOです。SIMロックフリーのスマホ向けにSIMカードのサービスの提供を行なっています(これを利用して私はNZで購入したiPhone5を日本で使ってました。これに関しては次回詳述します)が、ポケットWiFi向けのサービスもあるようです。アマゾンでも購入できる「スマホ月定額データ通信プラン」とか良さそうですね。Android2.2搭載のスマートフォンIDEOSはデザリング対応なので、ルーターとしても利用できます。定額データ通信を利用できる期間は通常200日ですが、7月31日までに購入すると365日に延長されるキャンペーンを実施しているようです。以下このサービスの説明を抜粋したものです。詳しくは日本通信のウェブサイトも参照してください。

【Android2.2搭載のスマートフォンIDEOS】+【200日間の定額データ通信】のセット商品です。(1)「アンドロイド2.2搭載、SIMフリーのスマートフォン”IDEOS” は契約手続不要で購入できます。通信エリアはドコモFOMAネットワーク。「IDEOS」はスマートフォンとしてネット利用できると同時に、WiFiルータ機能があるため、PCやiPad、iPodTouchをモバイルでネットに接続出来ます。(2)同梱のSIMについて:データ通信を使い放題で利用できます。

ということで、ハナセル+ポケットWiFiかスマホでデザリングは結講便利な組み合わせなのではないでしょうか。次回はNZで購入したiPhone5を日本で使った話を書こうと思います。

※なお、ここに記載されている内容は、自身の経験及び公開情報を元に書かれており、ここえ紹介されている商品・サービスを購入する場合は自己責任でお願いします。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s