Facebookで見つけたちょっとイイ話

実話かどうかはわかりませんが、Facebookでちょっとイイ話(英語)を見つけ,日本語に訳したので,自分のブログにも転載します。一部意訳と加筆が入ってます。もちろん自分の話でもありませんw.あしからず。

===============

結婚してる人もしてない人も、是非読んでみてください。ある夫婦のお話。

ある日の夜、いつもの通り家に帰り妻が夕食を準備しているとき、僕は彼女の手を握ってこう言った。「君に話したいことがあるんだ」。彼女は座り、静かに夕食を食べていたが、僕は彼女の目が悲しみに沈んでいくのが見てとれた。

妻の悲しそうな目を見て僕は何て切り出せばいいのかわからなくなった。しかし彼女に僕が考えていることを伝えなければいけない。離婚を考えているということを。僕は静かに離婚について切り出した。彼女は僕の言葉に対して怒っているようには見えなかったが、穏やかにこう聞いた。「なんでなの?」

僕は彼女の質問に答えることを避けた。彼女はそれに対しては怒りをみせ、箸を投げつけ僕に「あなたは大人の男じゃないの?」と言った。その後僕たちは話すことをやめ、妻は静かに涙を流した。何で僕達の結婚生活がこんな結末を迎えることになったのかを考えているに違いなかったが、僕は彼女に対して満足ゆく説明をすることができなかった。僕は既に彼女に気持ちはなく、ジェーンのことしか考えられなかった。妻に対しては哀れみしか浮かばなかったぐらいに。

罪悪感に苛まれながら、僕は離婚届と離婚の条件を書き上げた。離婚の条件として、彼女は離婚後に僕達の家、車、そして僕の会社の3割の株を保有することを提示したが、彼女はそれを一瞥した後ビリビリに破り捨てた。人生の10年間を一緒に過ごした僕の妻が、まるで他人になってしまったようだった。僕は彼女の人生の10年間だけでなく、彼女の感情やエネルギーをも無駄にしたことに対して申し訳なく思ったが、既にジェーンを愛しているということを伝えてしまったいたし、それはもう取り返しがつかないことことも分かっていた。ついに妻は僕の前で大声で泣き始めた。これは予期していた反応だったし、彼女が泣く姿を見てどこかでホっとしている自分がいた。そして数週間前から考えていた離婚への決意は、僕の中でより一層鮮明に、確実になった気がした。

次の日の夜、帰宅が遅くなった僕は、妻がテーブルに向かって何かを書いているのを見かけた。その日はジェーンと一日中過ごし、疲れ果てていたため、夕食も食べずにベッドに向かい、すぐに眠りについた。夜中に一回目を覚ましたが、妻はまだテーブルで何かを書いていた。かける言葉を見つける努力すらせず、僕はまた眠りに落ちた。

翌朝、妻は一晩かけて書き上げた離婚条件を見せてきた。彼女は物は何も要らないから、離婚届けを正式に出すのを1ヶ月先にすることを条件としていた。そしてその1ヶ月はできる限り普通の夫婦として過ごしたい、と。理由は至って明快だった。僕達の息子は1か月後に大きな試験を控えていたため、両親の離婚話で息子の勉強を邪魔したくなかったからだ。

これは僕も最もなことだと思い賛成したが、他にも条件があり、結婚式の日に僕が彼女を抱っこしたことを思い出してほしい、と妻は言った。そしてこれから1か月間毎日、妻を抱っこして彼女の寝室から玄関まで運んでほしいと、僕に頼んだのだった。これを聞いて僕は、てっきり彼女は気が触れてしまったのかと思った。しかし僕達の結婚生活の最後の1ヶ月を少しでもマシなものにしようと思い、僕は妻のこの変わった頼みを受け入れることにした。

ジェーンにこのことを伝えたら彼女は大声で笑い、「馬鹿げてるわね、今更どんなことをしたって、奥さんは離婚から逃れられないのに」、と蔑んだふうに言った。

離婚話を切り出してから、僕と妻はお互いにスキンシップをとるようなことは一切なくなっていた。だから最初の日の朝に彼女を抱っこした時は、お互いぎこちなかった。息子が後ろからそれを見ていて、「お父さんがお母さんを抱っこしてる!」と拍手しながら言った。息子の言葉は僕の胸にズシリと突き刺さった。僕は妻を抱いたまま、寝室から居間を通って玄関まで10mほど歩いた。僕に運ばれながら妻は目を閉じて囁いた。「あの子に離婚のことは言っちゃダメよ」。僕はちょっと動揺しながら、頷いた。玄関で彼女を下ろし、彼女はバス停へ、僕は一人で職場に向かった。

2日目は、初日のぎこちなさはなくなっていた。妻は僕の胸に寄りかかり、彼女のブラウスからは良い匂いが伝わってきた。そこで僕は、随分長いこと彼女のことをちゃんと見てこなかったことに気付いた。久しぶりにじっくりと見た僕の妻はもう若くはなかったし、顔にはシワもあるし、髪の毛も白髪混じりになってきていた。僕達のあまりうまくいかなかった結婚生活は、妻にばっかりダメージを与えていたような気がした。僕は彼女に対して何をしてきたのだろう?思わず考え込んでしまった。

4日目に彼女を抱き上げた時、僕達の間には愛情が戻ってきてるような気がした。彼女こそが、僕と共に人生の10年間を過ごした女性なのだった。5日目と6日目には、この愛情がさらに深くなってきていることを感じた。ジェーンにはこのことを伝えなかったけど。こうして1ヶ月はあっという間に過ぎ、彼女を抱き上げることも徐々に簡単になっていった。毎日の筋トレのおかげかもしれない。

そんなある朝、彼女は何を着ていくか迷っている様子だった。幾つもの服を試すのだけど、良いのが見つからない。彼女はため息をつきながら、「何だか私の服どれも大きくなっちゃったみたい」って言った。その時僕は初めて、彼女がとても痩せてしまっていることに気付いた。彼女を抱き上げることが簡単になっていった理由は、僕の筋トレのお陰なんかではなくて、彼女がメッキリ痩せてしまったからだった。

彼女は心の中で大きな痛みと苦しみを抱えていたに違いない。そのことに気付いて僕は胸がいっぱいになり、無意識に彼女の頭を撫でながら抱き締めていた。

そこに息子がやってきて、「お父さん、もうお母さんを抱っこして運ぶ時間だよ!」と無邪気に言った。息子にとって、僕が毎朝妻を抱っこして玄関まで運ぶのは既に日常の大事な光景となっていたのだ。妻は息子を引き寄せ、ぎゅっと抱き締めた。それを見ながら僕は、最後の最後で離婚するという考えを改めてしまいそうで、思わず顔を背けた。そして僕は妻を抱き上げ、いつもと同じように寝室から居間、そして廊下を通り、玄関まで運んだ。彼女は優しく僕の首に両腕をまわし、僕も彼女を強く抱きしめた。あの結婚式の日のように。

しかしすっかり軽くなってしまった彼女の体は僕の胸を深く突いた。そして最後の日に彼女を抱き上げた時、僕はほとんど動けなかった。息子が学校に出かけて行った後、僕は彼女を抱きしめながらこう言った。「僕達の結婚生活に愛情が欠けていたことに、今まで気付いていなかったよ」。その後僕は車でジェーンのオフィスに向かい、到着すると鍵もかけず車を飛び降りた。ちょっとでも遅れたら、また気が変わってしまうような気がしたからだ。2階にある彼女のオフィスに着くと、ドアを開けた彼女に、僕はこう言った。「すまないジェーン、やっぱり妻とは離婚はできない。」

彼女を驚いたように僕をじっと見つめた後、僕のおでこを触りながら「熱でもあるんじゃないの?」と冗談っぽく言った。僕は彼女の手を払いのけ、「すまない、離婚はしない。妻との結婚生活がうまくいかなくなった原因は、僕達が日常の小さなことを大切にしなくなってしまったからで、僕達がもう愛し合っていないからではないんだきっと。結婚式の日に僕は彼女を抱き上げて家まで連れて行ったんだから、僕は死ぬまで彼女の手を離してはいけないと思うんだ」と伝えた。ジェーンは僕が本気だと気付き、僕の頬を思いっきり引っ叩いた後、ドアをピシャリと閉め、泣き崩れた。僕は静かにその場を去り、職場に向かう途中に妻のために花束を買った。花屋の女の子がメッセージカードには何て書きますか?と尋ねてきたので、僕は笑顔で「僕達の一方が死ぬ日まで、僕は毎朝君を抱き上げて運ぶよ」と書いた。

その夜、花束を持って笑顔で家に帰り、妻のもとに向かった。しかし妻はベッドに横たわり、冷たくなっていた。彼女は癌に冒され、既に余命が尽きてしまっていたのだった。妻はもう随分長いこと癌と闘っていたにも関わらず、僕はジェーンのことに夢中でそれに気付いてやれなかったのだ。妻は自分がもう長くは生きられないことを承知で、自分がいなくなった後息子が父親に対して悪いイメージを持たないようにと、1ヶ月間毎日僕が妻を抱っこするということを離婚の条件を付け加えたのだった。そうやって自分がいなくなった後の僕を救ってくれたのだ。少なくとも息子の目には、僕は素晴らしい夫として写っていたのだから。

人間関係において、日常のほんの小さなことはとても重要だ。それは毎朝の挨拶かもしれないし、おやすみのキスかもしれないし、ちょっとしたスキンシップかもしれない。そういった小さなことは、豪華なマンションや高級車、財産や銀行の貯金なんかよりよっぽど重要だ。財産やお金は僕達を幸せにするための役には立つかもしれないけど、それ自体は僕達を幸せにはできない。

だからいまこれを読んでいる貴方も、日常の小さなことを大切にし、お互いを大切にして、愛情を育んでほしい。幸せな結婚生活を送ってほしい。

この話を共有しなかったら何も起こらないけど、もし貴方が友人と共有してくれれば、それが誰かの結婚生活・人間関係を救うきっかけになるかもしれない。人生で失敗する人の多くは、自分が成功のすぐ近くまできてることが分からずに、諦めて辞めてしまう人だから、この話がそういう人の諦めないきっかけになってくれれば嬉しいです。

=============================

原文(英語)

Advertisements

3 responses to “Facebookで見つけたちょっとイイ話

  1. Pingback: FTのバイリンガルポートフォリオ | FT NOTE

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s