A truly meaningful developmental project – 本当に意味のある国際協力とは

I’ve been thinking about the most appropriate way to execute project in developing countries because I’ve seen a lot of self-satisfied projects since I got here in El Salvador.

For example, in my town, there is a park built with the fund from some European organization. In this park, I can find many trashcans. However, the biggest problem of this town is trash. In other words, people just throw away trash anywhere, when there are in fact lots of trashcans. There is even trash collection service provided by the municipal government.

Why? Because this organization failed to teach local people how to use trashcans. There had to be some workshops in which the organization taught the importance of using trashcans. Also, the organization failed to collaborate with the local government to have trash collection trucks to pick up the trash.

What is left here is the sign that says “this park is built thanks to this organization.”

I could say that this project is a complete waste of time and money because I believe these types of projects are successful only when they are sustainable.

Is this project sustainable? No, because people already don’t use trashcans.

So the next question is…how can any project be sustainable? I believe the most important thing is to involve local people in projects.

In order to involve local people in your project, it is important to learn their way of thinking. You can’t just push your ideas and values. You have to learn their language, customs, traditions ets to gain their trust. Only after that, can you know their honest opinions. 

Then, they would listen to your ideas and start to cooperate. Some of them may become core members of your projects; in other words, they would continue what you are doing even after you are gone.

In my opinion, there are so many organizations that push their ideas to local people. These organizations don’t care about local people but just their own agendas.

I truly think developmental projects can’t be self-satisfaction.

It may be difficult to satisfy all the people; however, we have to try to satisfy as many people as possible.

 

(Japanese text follows)

 

本当に意味のある国際協力とは。これは自分がエルサルバドルに来てからずっと考えてることです。だって世の中にはあまりに自己満足な国際協力のプロジェクトが多いから。

例えば・・・、自分が住んでる町には、とあるヨーロッパの組織がお金を出して作られた公園があります。この公園には、これでもかというぐらい、多くのゴミ箱が設置されています。では、この町の最大の問題はなんでしょう?それはゴミ処理です。なぜかというと、この町の人々は(というかエルサルバドルの大半の人ですが)ゴミをゴミ箱に捨てません。公園でゴミ箱が5歩先にあるにも関わらず、ポイ捨てです。バスからもどんどんゴミを投げ捨てます。一回赤ちゃんの紙おむつをバスの窓から捨ててる人を見たときは、さすがに開いた口が塞がりませんでした。

話を元に戻しましょう。この町は、ゴミ収集車が月3回来てくれる、エルサルバドルの中では恵まれた町であります。にも関わらず、ゴミを近くの河に捨てる人さえいます。

なぜでしょうか?昔からの習慣というのはあると思います。聞いた話によると、昔人々が使ってたモノは基本的にポイ捨てしても自然に分解する素材でできていました。プラスチックなんてなかった時代の話です。しかし時代は変わり、今は飲み物の容器からスナック菓子の袋まで、ほとんどのモノがプラスチックでできてます。しかし、昔からの習慣を変えられない人々は、昔の習慣のまま、ゴミをポイ捨てし続けるわけです。

この習慣を変える最大のチャンスは、このヨーロッパの組織がゴミ箱付きの公園を作ったときにありました。ゴミはゴミ箱に捨てるものであり、この公園のゴミ箱を最大限に利用すべきだ、というワークショップを、公園建設後に行えばよかったからです。しかし彼らはそれを怠りました。ゴミ収集車に、公園のゴミ箱のゴミを収集するような配慮も怠りました。残ったのは「この公園は〇〇という組織のお陰でできました」という自己満足の看板だけ。

この観点で見れば、このプロジェクトは完全にお金と時間の無駄と言えましょう。なぜならこのプロジェクトは持続可能ではないからです。

公園建設(ハードもの)ということで、基本的にもともと持続可能なプロジェクトではないわけですが、持続可能にできたのにそれを怠ったと言えましょう。

では、どうやったらプロジェクトは持続可能になるのか。特にソフト系のプロジェクトでは一番大切なのは地元の人をプロジェクトに巻き込むことです。

では、どうしたら地元民にプロジェクトに参加してもらえるのか?それは、彼らの考えを学ぶところから始まります。なぜゴミをゴミ箱に捨てないのか?なぜゴミ収集車を利用しないのか?といった考えはドコから来るのか。それをせずに、「ゴミを捨てるな!」と何度叫んだところで、それは意味をなさないでしょう。自分の考えだけを相手に押し付けては相手は心を開いてはくれません。心を開いてもらうためには、彼らの言葉を学び、習慣を学び、伝統を理解しようとしなければいけません。

そうやって心を開いてくれる人が増えてくれば、自分の考えてに同調してくる人もでてくるでしょう。そういう人こそが、自分がいなくなった後も、プロジェクトを支えてくれるのです。

自分の考えとしては、多くの組織は自己満足のプロジェクトしかできてないと思います。地元の人のことは対して考えずに、自分の考えだけを押し付ける。

特に国際協力では、というか、海外で行ういかなるプロジェクトも、こういったことは大事だと思います。

全員を満足させることは難しいかもしれません。でもより多くの人を満足させることを、私たちは常に忘れてはいけません。

Advertisements

2 responses to “A truly meaningful developmental project – 本当に意味のある国際協力とは

  1. This is a really great point and I completely agree with you. I recently took a Behavior Change for Public Health workshop here at MIIS and we learned a really easy but very practical framework for analyzing and developing project or program logic. The framework is called the BEHAVE Framework and there is some good information about it here: http://barrieranalysis.fhi.net/what_is/behave_framework.htm

    Espero que todo te va muy bien en El Salvador Fumi! Un gran saludo!!

  2. Pingback: FTのバイリンガルポートフォリオ | FT NOTE

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s